【コザ その5】

 

路地裏。
腐蝕した鉄格子と苔生した通路。
…一体どこに繋がっているのやら。

 

閉店してしまったスナックの入口。
モザイク調のタイル。
かなり雑な塗り方のサーモンピンクの壁。

 

裏側を覗きたい、という僕のスケベ根性。
それに応えてくれる沖縄の街。
光と陰と廃物と。

 

どこか余所余所しい。
だけど、何となく懐かしかったりもする。
やっぱり路地はたまらなく魅力的。