C:3  美栄橋〜首里〜前島


 『美栄橋駅』に行き当たったので、とくに行く宛ては無かったけれど、何となく再びゆいレールに乗ってどこかに移動してみようか、という気になった。とりあえず、終点の『首里駅』まで行ってみようか。
 高架の上に在る駅舎に入り、ホームの上から周囲を見下ろしてみると、つくづく「なんだかんだ言っても那覇は都会だなぁ」と思う。街の規模云々というよりは、ゴチャゴチャとした街並みやビルの丈の凸凹具合、その統制の取れていない混沌さ加減がいかにも都会らしいような。計画的に造られた都市では無くて、人と時代の移り変わりをそのまま体現した場所としてそこに在る、みたいな。
 ゆいレールの車輌に乗り込み、首里方面に向かう。車内はかなり混み合っていて、ちょっとしたラッシュのような感じになっていた。こうなってしまうと沖縄も東京も大して変わらない。ちょっとウンザリする。

 『首里駅』に到着すると、空はすっかり晴れ渡っていた。青空が戻って来ると同時に、強い陽射しも再び照り付け出す。照り返しの眩しさでしかめっ面になりながら、僕は以前から気になっていた『あやぐ食堂』に行ってみることにした。
 駅から『首里りうぼう』の方へと緩やかな上り坂を上り、上がり切った坂を今度は下って行く。と、すぐに食堂が目に入った。よし、それじゃさっそく店内へ…と思ったのだが、入り口から店内を見てビックリ。超満員じゃんか!もう昼飯時は少し過ぎていた(大体午後1時半過ぎぐらい)のだが、それにしても混んでいる。僕が呆気に捕らわれている間にも、次々と店に客がやって来る。家族連れ、工事現場の人たち、カップル、オジィオバァ…
 「あい、ダメだぁ、いっぱいだ〜よ〜」 「お母さ〜ん、入れないよ〜」 「うわ、これじゃダメだねぇ」 「どうする?ちょっと待ってみる?」
 次々に押し寄せるお客は、店内の混み具合を目にしてそのほとんどが諦(あきら)めて立ち去って行った。僕も仕方なくここで昼飯を食うのを諦めて、そのまま『首里駅』へ戻ることにした。…俺は一体、ここまで何しに来たの?って感じだけど、もともと首里城を見に来たわけでも無いし、金城の石畳を見るつもりもまったく無かったので、べつにイイかな、と。
 ほんの10分ちょっとの滞在でさっさと首里を後にし、モノレールでまた『美栄橋駅』に引き返す。往路以上に車内は混んでいて、クーラーが効いているにも関わらず、少し汗ばむほどの乗客の過密度。おまけにこの路線って微妙にカーブしている箇所が多いので、手摺りや吊革に掴まれない人がバランスを崩してドド〜ッと倒れ掛かったりする。…ああ、電車に乗ってるんだな、というあまり嬉しくない実感。普段でさえ滅多に電車に乗らない僕にとって、首里〜美栄橋間のたったの10数分でさえもやや苦痛。時間があったら“ゆいレール・各駅停車の旅”でもしてみようかな、なんて思ったりもしたのだが、やっぱり性に合わないことはしないことにしよう。
 

『美栄橋駅』。
沖映通りと久茂地川の交差するところに在ります。
国際通りまではちょっと歩くかな。

  

切符です。ここから『首里駅』までは260円。
沖縄の織物の柄がさりげなくあしらわれてる。
…ちょっと無駄な演出って気もするけど。

  

高いところから見下ろすと、
那覇の中心部はやっぱり都会チックだよなぁ。
心なしか空気もどんよりしてる感じ…

  

で、『首里駅』に到着。
駅舎の看板も駅毎にデザインが違ってます。
う〜む、こだわってますねぇ。

  

レールがブチッと途切れてます。
果たしてこの先に伸びる日が来るのか?
経済の面からすれば頑張ってほしいところだけど…

  


駅が出来れば当然生まれる“駅前”という概念。
早速こういうものが誕生しておりました。
駅前自転車はともかく、駅前宝水って…?

  

首里に来たついでに寄ってみました。『あやぐ食堂』。
だがしかし!昼時とあって店内は超満員!
諦めて帰るお客も多数。僕も諦めました。

  

結局、那覇中心部に戻ることに…
丘の麓に整然と建ち並ぶ家並みを見ながら。
コントラストの濃さが沖縄っぽいと思うのは僕だけ?

   

 『美栄橋駅』から国道58号線の方向へ歩く。歩きながら「前島に行ってみよう」と思いついた。この前島の界隈も、以前からちょっと気になっていた場所だった。真栄原、栄町、コザの吉原などと同様、所謂非合法な性産業が存在する町、前島。こういった場所を見て歩くのが好きな僕としては(見て歩くだけですよ、ホントに)、とにかく一度は歩いてみたいと思っていた。
 58号線を渡って泊港の『とまりん』を右手に見ながら、閑散とした歓楽街に入る。一見すると、ピンクサロン系の風俗店が目立つが、それほど非合法地帯独特の淫靡な感じは無い。が、確かにかなり怪しげな店もチョロチョロと見られる。看板もあるような無いような小さな店、ドアの前に椅子を置いてある店、僕のほうをじっと見ているおばさん…しかし、一昨年に行った栄町のような衝撃はまったく無い。通行人もほとんど居ない静まり返った前島の歓楽街は、何となくゴーストタウンを彷彿とさせた。まぁ、夜はきっとまた違う雰囲気なんだろうが。
 ついでに『とまりん』にも立ち寄って、暫(しば)しクーラーに当たって涼んだ後、また沖映通りを経て国際通りに戻ることにした。
 丁度陽射しが一番強い時間帯なのだろう。少し歩いただけで汗はダラダラ、頭はクラクラ、足はフラフラ…ってちょっと大袈裟だが、とにかく普通に歩いているのとは比べものにならないぐらいに、激しく体力を消耗する。「暑いのは全然平気!」などと強気の僕だったが、さすがにこの日の暑さは手強かった。この頃の東京は冷夏で涼しい日が続いていたせいか、体が沖縄の暑さと陽射しにすっかり参ってしまっていた。
 一旦、チェックインがてらホテルに行くことにしよう。予約しておいた『那覇グランドホテル』へ向かい、部屋でシャワーを浴びてベッドに横になってテレビを見ていたら、いつの間にかウトウトと眠ってしまい、ふと目が覚めると午後5時を回っていた。
 


どうも沖縄というとペプシのイメージが強い。
こういう壁に直描きの看板もよく見かけるし。
コカコーラの看板よりも多いような気がする。

  

『那覇ミュージック』。ヌードシアター。
内部がどうなってるのか非常に興味があるなぁ。
べつに裸体が見たいわけじゃ無いんだけどさ。

  


『とまりん』の在る前島の界隈。
ここも真栄原や栄町などと同じく、怪しい一帯です。
赤線とか青線とか、そういう類の、ね。

  

ハッスルサロン…かぐや姫…
お客がハッスルするのか、かぐや姫がハッスルするのか。
いずれにせよ「ハッスル」っていうのが…

  

看護サロン…ナイチンゲール…
看護サロンって?看護婦コスプレ?病人限定?
蝶々に十字架のロゴが素敵ですね。

  


『とまりん』です。離島に行く定期船の発着所。
僕はまだ一度も利用したことがありません。
実は中に入ったのも今回がはじめて(^_^;)

  

すっかり晴れました。
久茂地川にもしっかり映り込んでます。
…あんまり綺麗な川じゃないですけどね。

  

木造の塀とトタンの塀。割と珍しい取り合わせかと。
沖縄というより20年ぐらい前の下町風な光景。
チャルメラの音とかが聞こえてきそうな。

  

沖映通り。
『沖映』という演芸場があったのがその由来とか。
今は影も形もありゃしませんが。

  

那覇タワーMAXYがCOM*Dになるらしい。
街は時代と共に変わっていくものなんだな、と痛感。
少々寂しい気もしますけれども。

  

でも、変わっていくものと残っていくものが混在している、
そんな那覇の街が僕は好きだったりします。
この混沌さ加減がムチャクチャ心地良し。

   

Top             Back             Next