ワタシ、小平カラ来マシタ〜
     
 浅草は、とても好きな街です。
 浅草寺の界隈もいいですが、僕は“六区”と呼ばれる辺りが特に好きです。
 場外馬券売り場、ストリップ劇場、演芸場、ポルノ映画館…
 お世辞にも上品とは言えない地区なのですが、その猥雑な感じがたまらなく愛しかったりします。
 今の世の中、どこもかしこも小奇麗になってしまって、少々味気ないよなぁ…と。
 人が集まるところに当然のように出現する“掃き溜め”のような場所に、僕はとても惹かれます。
 アウトローな方達が自転車で闊歩する、そんな浅草もまた魅力的です。
 ストリップや成人映画はなんなので、今度来るときはぜひ演芸場で寄席なんぞを観たいと思ってます。
 
 浅草は相変わらず観光のお客さんがたくさん訪れていました。
 で、そこには当然外国人の姿も多く見られました。
 異人さんたちは、カメラ片手に仲見世や境内をしげしげ鑑賞しておりました。
 途中、擦れ違った外国人の老夫婦らしき2人が「オ〜、シューズ」と言って立ち止まりました。
 確かに、仲見世通りには、鬼のように靴屋が乱立しています。…WHY?
 僕は個人的に“かつら屋さん”にものすごく興味があります。
 パーティーとかに使うような、普段は絶対着けられないムチャなかつらが売られています。
 …誰が買うんだろう。でも、アフロのかつらにはかなり心を動かされました。


なんと言っても『雷門』!
待ち合わせしてる人も多数。浅草の“ハチ公前”?

   


“仲見世通り”はいつも賑わってます。
しかし、未だに「賀正」って…

    


招き猫がいっぱい。
僕の部屋にもあります。ご利益は…訊かないで

   


向こうに“浅草寺”が見えます。
僕の知人は“あさくさでら”だと思ってたらしい。

      


ありました!外人向けの怪しい店!
美女マネキンに“神風”のハチマキはどうかなぁ…

   


これは『小舟門』。
外国人比率がかなり高い。

   


本殿のすぐ横にある五重塔。
…なんていうのかは知りませ〜ん

     


たぶん浅草寺の本殿。
みんなここでお参りしてるし。

    


結構参拝客がいます。
何のご利益があるのかは不明。勉強不足ですね。

    


僕もとりあえずお参り。
「ギブ・ミー・マネー!」

    


今年最初のおみくじを引く。セルフサービス。
6番だ。引き出しを…ゲッ!取っ手がない!

   


引き出しをこじ開けて“末吉”をゲット。
…“旅行”以外の項目は全滅!オーマイガー!

     


本殿から見た境内。
なかなかオリエンタルな趣き。

    


まばゆいくらいにエキゾチック・ジャぺァ〜ン!
肩にインコ乗せたお坊さんが…それはビルマ

    


はと〜。
一度に揃って飛んでゆけ〜

    


境内を出るとすぐ裏にある温泉(?)。
入浴料¥700也。

     


その温泉の前から見えるタワー。
そう、そこは…

   


アーバンな遊園地『花やしき』。
全体にレトロな雰囲気溢れる、味のある遊園地。

     


人力車が到着。
浅草は結構この人力車を利用するカップルが多い。

    


人がほとんど乗ってないのにフル回転!
空気をかき回してるような…

      


これ、好きだな〜。
これを見ると「花やしきだなぁ」と思う。夜はまた格別。

    


六区。観光地などでよく見る“顔ハメ書き割り”。
コイツは『演神』だって。モデルは誰なのか?

    


六区には馬券売り場がある。
辺りには競馬新聞を持参の人がたくさんいる。

    


『浅草演芸ホール』。気になるスポット。
呼び込みが激しい。客の入り、かなり悪そう…

    


ここは…?
ラジコンカーのサーキットみたいなんだけど…

      


すごいよ。ギュンギュン走ってる。ちょっ速!
みんな真剣。…趣味の世界って奥が深い。